エコカラットを埼玉で利用する場合のポイント 

エコカラットは最近はやっている内壁材になります。


一番のポイントは調湿機能が付いていることです。

千葉のエコカラットの総合案内サイトです。

調湿機能とは湿度を調整する機能ですが、例えば日本の気候であれば夏場は湿度が非常に高くなります。

湿度が高くなった時には気分的に不快な感じになるだけでなく、パンなどにカビが生えやすくなります。食べ物だけでなく壁紙にすらカビが生えてしまいます。

そうするとカビが空中を舞い、吸い込んでしまう場合には肺炎になる恐れもあります。
そのようなことを避けるために調湿機能が重要になります。



もちろん除湿器を買ってもいかもしれません。
ですがエコカラットをつければ湿度を調整する能力があるため、高い湿度に悩まされることもなくなるでしょう。


では埼玉県にエコカラットを付ける場合はどのようなことに注意をしたらいいでしょうか。
埼玉県は基本的に日本の平均的な気候といってもいいかもしれません。


夏場は蒸し暑く冬場は寒いです。

埼玉県の南部であれば、夏場は36度を超える日もたまにあります。

そのとき雨が降ればかなりの湿度になるでしょう。

そこでエコカラットが必要になってきます。
ただし全面的にエコカラットを使わなければあまり意味がありません。
調湿機能といっても壁の一面だけに張っていてもそれほど効果はありません。そもそも5ミリぐらいの厚さしかありませんので、そこに含むことができる湿度はたかが知れているでしょう。
そのように考えると部屋の4面にはり巡らす必要があります。

エキサイトニュースに関するご質問を解決いたします。